×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音楽部門 島 暢子 ホーム 音楽部門名簿
しま のぶこ

.........................
1926年シドニー生まれ
34〜39年シアトル在住。
コーニッシュスクールでフォーブス女史に師事。
帰国後クレイン、林龍作、シュタフォンハーゲン各氏に師事。
51年神戸女学院大学音楽部ヴァイオリン科卒。
52〜53年関西交響楽団(現大阪フィル)に在団。
独奏室内楽でも活動。
79年西宮ジュニアオーケストラを結成。
少年少女の弦楽合奏の指導育成に努め多くの専門家を輩出し
現在に至る。
日本弦楽指導者協会関西支部服支部長





西宮ジュニアオーケストラは1979年5月5日に西宮市立勤労会館で結団式をあげて以来
毎年3回日曜日午後の練習、夏の合宿、毎月の定期演奏会をはじめ数々のコンサートへの出演、
施設への訪問演奏などを行ってきました。
95年の阪神淡路大震災の年にも活動をつづけ、98年にはオーストラリアへ演奏旅行をして、シドニーの
クイーンウッド女子校と日本人学校で演奏し音楽による国際親善の成果をあげました。
団員は、幼稚園児から高校生まででヴァイオリンを主体とする弦楽オーケストラですが、何人もの専門の
音楽家がここから巣立っています。
今年は29回目の定期演奏会を開きますが、毎年関西の若い作曲家に新作を委嘱して初演してきました。
これらの作曲家の中からもコンクールなどで良い成績をあげている人も殖えています。
入団はいつでも歓迎なので練習日に「体験演奏」に来て頂くようお待ちしています。